バース管理システム

製造・販売会社:株式会社リオス
2021月01月01日
適用業務: その他

従来のセンサー検知型とは異なり、画像認識を利用しているため、荷降ろし場における防犯効果、作業の記録、遠隔地での作業の確認ができます。
また、バースの稼働率を数字化することにより、配送予約システムなどへの活用も可能です。
カメラに映る範囲で検知が可能なため、バース毎にカメラを用意する必要がなく、初期導入における設置コストも安価に抑えられることが特徴です。

適用業務

その他

倉庫のバース(荷降ろし場)に車両が在車しているか、荷降ろし中であるかを、カメラ画像の分析によって自動で判定し、バースが空いた場合に自動検知できるシステムです。

待機場で待機中のドライバーへ、表示器や放送、スマートフォン等で通知することにより、速やかに空いたバースへ誘導することができます。

これにより、バースの稼働率を向上させ、業務を効率化させることが可能です。

基本システム構成

IPカメラ、在車判定用サーバ(クラウド/オンプレミス)

OS環境

Linux

製造・販売会社

株式会社リオス

住所:〒108-0014 東京都港区芝5丁目33番1号 森永プラザビル本館16F

担当部署・担当者名:移動体ビジネス事業部 梅村 和孝

電話:03-3769-7825  

ホームページアドレス:https://www.rios.co.jp/product/products_mover/product_park/case_trackberth/

e-mailアドレス:k.umemura@rios.co.jp

カスタマイズ

可能

販売価格(最低価格)

約5,000,000円~

販売価格に関する注記

内訳:

・基本ソフトウェア

・IPネットワークカメラ

・在車判定サーバ

・ネットワーク機器(PoEスイッチ等)

※車両5台の在車判定

※設置工事費用は含みません

※外部システムとの連携費用は含みません