トップページ  >  倉庫業について

倉庫業について

倉庫業(営業倉庫)とは

 倉庫業は生産と消費を結ぶ産業として国民生活の基盤を支える極めて公共性の高い産業です。
 そのため、倉庫業法では「倉庫業を営もうとする者は、国土交通大臣の行う登録を受けなければならない」と規定し、正規に登録を受けた業者による倉庫業の適正な運営と倉庫証券の円滑な流通を確保することとしております。
 倉庫業者としての登録を受けるためには「倉庫の種類毎に定められた施設・設備基準」を満たすとともに、事業を適切に管理運営するための「倉庫管理主任者」を選任し、その任にあたらせることが義務づけられています。

日本倉庫協会の会員倉庫事業者は全て国土交通大臣登録を受けた正規の倉庫業者です。

ページの先頭へ

倉庫業の種類

倉庫業は大きく分け次の3種類に分けられます。

普通倉庫業
農業、鉱業(金属、原油・天然ガス等)、製造業(食品、繊維、化学工業、紙・パルプ、機械等)といった幅広い産業の様々な貨物に加え、消費者の財産(家財、美術品、骨董品等)も保管します。
法律上の分類による一類、二類、三類、野積、貯蔵そう、危険品倉庫(何れも下記参照)を総称して、普通倉庫と呼んでいます。
一般社団法人日本倉庫協会は普通倉庫業者が組織する事業者団体です。
冷蔵倉庫業
8類物品(食肉、水産物、冷凍食品など10℃以下で保管することが適切な貨物)を保管します。
水面倉庫業
5類物品(原木等)を水面で保管します。

ページの先頭へ

普通倉庫の種類

 普通倉庫には次の種類があり、倉庫の種類ごとに国土交通大臣の定める建築基準法その他の法令の規定に適合している必要があります。

1~3類倉庫
 通常皆さんが目にする建屋型の倉庫です。設備・構造基準により1類、2類、3類の3つのグレードに分かれます。
 1類倉庫は一番ハイグレードな倉庫で、いろいろな貨物が保管されています。しかし、冷蔵倉庫、危険品倉庫での保管が義務づけられている物品は保管できません。
 2類倉庫は防火、耐火性能が不要なため、1類倉庫に比べ保管可能な品物が制限されます。
 3類倉庫は、防火、耐火性能に加え、防湿性能も不要です。このことから、燃えにくく、湿気にも強い貨物が保管されます。
野積倉庫
 法律上の4類物品(鉱物、木材、自動車などのうち、雨風にさらされても良いもの)を保管する倉庫です。形状は柵や塀で囲まれた区画になります。
貯蔵槽倉庫
 法律上の6類物品(袋や容器に入っていない小麦、大麦、トウモロコシなどのバラ状の貨物、糖蜜などの液状貨物)を保管する倉庫です。いわゆるサイロやタンクと呼ばれるものになります。
危険品倉庫
 法律上の7類物品(消防法が指定する危険物や高圧ガスなど)を保管する倉庫です。
 保管する物品の種類によって、「消防法」、「高圧ガス保安法」、「液化石油ガスの確保及び取引の適正化に関する法律」など、関係法の規定を満たしている必要があります。
トランクルーム
 家財、美術骨董品、ピアノ、書籍など個人の財産を保管する倉庫です。
 平成14年施行の倉庫業法により、トランクルームの認定制度が設けられました。国土交通省により優良と認定されたトランクルームは「認定トランクルーム」と称されています。トランクルームに貨物を預ける場合、国土交通省の登録を受けた正規の倉庫業者を選ぶことをお薦めします。

ページの先頭へ

倉庫のサービス

貨物の特性に合わせた保管をはじめ、様々な物流サービスを提供しています。

物流倉庫サービスの一例
検品

貨物が適正なものか、個数に間違いがないかなどをチェックします。

入庫

貨物の特性に合わせ、決められた保管場所へ入庫します。

保管

さまざまな保管・管理を行います。
常温保管、定温保管、定湿保管、冷蔵保管、サイロ、タンク、野積保管、トランクルームなど、ロケーション管理、在庫管理、商品日付管理、入庫順管理、機械番号管理など。

流通加工

貨物が適正なものか、個数に間違いがないかなどをチェックします。
包装、詰め合わせ、ラベル貼り、検針、荷札付け、値札付け、組み立て、反物カット、マーキングなど。

ピッキング

入庫順、日付順に大口、小口ピッキングなどを行います。

仕分け・荷揃え

配送先別、方面別に仕分けを行い、トラック単位に荷揃えします。

出庫

指定された時間に合わせ出庫を完了します。

ページの先頭へ